今回は、Wordpressのサイトマップ作成プラグイン【PS Auto Sitemap】

インストールと設定方法について、

図解入りで丁寧に解説していきます。

 

【PS Auto Sitemap】とは

【PS Auto Sitemap】というのは、Wordpressプラグイン

(Wordpressに機能を付け足してくれる小さなプログラム)の一つで、

サイトマップと呼ばれるブログ内の目次を自動的に作成してくれます。

 

【Google XML Sitemaps】が作成するサイトマップは検索エンジンの為の物で、

ブログを訪れた人の目には触れませんが、

 

【PS Auto Sitemap】は、

ブログの訪問者に見てもらうサイトマップ(目次)を作ってくれます。

 

過去のブログ記事もカテゴリごとに見やすく整理されるので、

ブログを読む側からも探している情報が見つけやすくて助かります。

是非、導入しておきましょう。

 

それでは、作業に入って行きましょう^^

 

【PS Auto Sitemap】をインストールしよう!

 Wordpressのダッシュボードにログインします。
【プラグイン】をクリック。

 PS Auto Sitemap

 

 

画面が変わったら、【新規追加】をクリック。

PS Auto Sitemap

 

 

 【プラグインの検索】欄に、【PS Auto Sitemap】と入力します。

PS Auto Sitemap

 

 

入力したところを拡大しました(^^)
入力ができたらキーボードの【Enterキー】を押します。

PS Auto Sitemap

 

 

検索結果の中から【PS Auto Sitemap】を探し、
【今すぐインストール】をクリック。

PS Auto Sitemap

 

 

画面が切り替わったら、【プラグインを有効化】をクリック。

PS Auto Sitemap

 

 

無事に【インストール済みプラグイン】の一覧に追加されました^^

PS Auto Sitemap

 

 

サイトマップの設定をしてみよう!

左メニューの
① 【設定】にマウスを当て、
 出て来たメニューから【PS Auto Sitemap】をクリック。

PS Auto Sitemap

 

 

設定画面が表示されます。
① サイトマップを表示する記事のIDを入力
(記事のIDの調べ方は後で説明します!)
 サイトマップに表示させたくない記事があれば、その記事のIDを入力
③ サイトマップのスタイルを決めます。
(後からでも簡単に変更できますのでいろい試してしてみましょう♪)
 設定が済んだら、【変更を保存】をクリック。

PS Auto Sitemap

 

 このまま、サイトマップのページを作ってみましょう^^

 

サイトマップを固定ページに反映させる方法

画面の一番下に以下の表示があります。
赤枠内の文字列をコピーしておきます。

PS Auto Sitemap

 

固定ページの投稿画面を開きます。

① テキストモードに切り替えます。
 上の画面でコピーした文字列を貼りつけます。
 貼りつけが出来たら記事を更新しておきましょう。
※これでサイトマップが作成されます。新たに投稿した記事も、自動的にサイトマップに追加されて行きます。

 

記事IDの調べ方

このまま、この記事のIDを調べましょう。

① 【固定ページ】をクリックして、固定ページの一覧を表示させます。
② サイトマップを作成したページのタイトルにマウスを合わせます。
  ※(クリックはしません)
③ 画面の左下に、薄く文字列が表示されます。
  この中の、数字の部分が記事IDになります。
  このIDを、PS Auto Sitemapの設定画面の【サイトマップを表示する記事】欄に入力して
  変更を保存しておきましょう。

※ちなみに、固定ページではなく、【投稿】の場合でも、
 記事IDの調べ方は同じです^^

 

 

下の画像が実際に表示される目次になります。
(これは【シンプル2】のスタイルを使用しています)

PS Auto Sitemap

 

いかがでしたでしょうか?

サイトマップは一度作成してしまえば、
後は自動で新しい記事も追加されていくのでとても便利です。

また、記事が無いうちは、
とりあえずプラグインだけインストールしておくのでも良いでしょう。

記事を書く事に慣れてくると、
サイトマップページの作り方も解りやすいと思います。

 

それでは今回はこの辺で(^v^)