どうも、マルコです^^

今回は、WordPressの記事の内容をバックアップしてくれるプラグイン【WP-DBManager】と、その使い方をご紹介します。

 

このプラグインを導入しておくと、自動でデータベースをバックアップしてくれますので、

【間違えて記事を削除してしまった(汗)】という時などに、簡単に復旧できて便利です♪♪

 

設定が多少面倒ですが、頑張っていきましょう!

 

ただし、このプラグインだけでは不完全なので、

手動でファイルとデータベースをバクアップしておく事も、忘れないようにしてくださいね。

手動バックアップの詳しい方法や【なぜ、必要なのか?】については、こちらで解説しています^^
↓↓↓
WordPressの全てのファイルとデータベースをバックアップする1番簡単な方法♪(Xサーバー)

 

プラグイン【WP-DBManager】をインストールしよう

WordPressのダッシュボードにログインしておきます。
左メニューの【プラグイン】をクリック。

 バックアップ

 

 次の画面で【新規追加】をクリック。

バックアップ

 

 更に次の画面で、【プラグインの検索】欄に【WP-DBManager】と入力します。

バックアップ

 

入力したところを拡大してみました。
入力が出来たら、キーボードの【Enter】キーを押して検索します。

バックアップ

 

 検索結果の中から、【WP-DBManeger】を探して
【いますぐインストール】をクリック。

バックアップ

 

 画面が切り替わったら【プラグインを有効化】をクリックします。

バックアップ

 

 すると、インストール済みプラグインのリストの上に、
下の画像の赤枠内のようなエラーメッセージが現れます。
これに対する処置を行って行きましょう。

※WordpressとWP-DBManagerのバージョンによっては、エラーメッセージが表示されないことがあります。その場合は、次の【エラー解消】の作業は不要ですので飛ばして、日本語化の作業に進んで頂いて大丈夫です♪

バックアップ

 

 【WP-DBManager】のエラー解消方法

まず、お使いのFTPソフトを開いて、サーバーに接続しておきます。
(画像で使用しているのはFileZillaです)

 あなたのブログドメインの、wp-content直下に
 【backup-db】フォルダを作成します。
 (このフォルダ内にバックアップデータが保存されます)

② 【/wp-content/plugins/wp-dbmanager】の直下にある
   ●【htaccess.txt】
   ●【index.php】
  という2つのファイルを、
  ①で作成した【/wp-content/backup-db】の直下に移動します。

 移動した【htaccess.txt】のファイル名を【.htaccess】に変更します。

最終的に下の画像のようになればOKです。

バックアップ

 

 Wordpressのプラグイン画面に戻ります。
キーボード上部の【F5】キーを押して画面を更新すると、
エラーメッセージが消えました♪♪
これでエラー対策は終了です^^

バックアップ

 

 【WP-DBManager】日本語化

【WP-DBManager】は最初は、全て英語で表示されていますが、
日本表示に変更する事が出来ますので、
やって見ましょう。

インストール済みプラグインの画面の
【WP-DBManeger】欄の【詳細を表示】をクリックします。

バックアップ

 

 下のような画面が表示されますので
【翻訳】のリンクをクリック。

1

 

 画面が切り替わります。
沢山の言語ファイルがずらっと並んでいます。

バックアップ

 

 その中から、【wp-dbmanager-ja.mo】【wp-dbmanager-ja.po】の2つのファイルをダウンロードします。
赤枠で囲ったダウンロードボタンをクリックしてください。

バックアップ

 

 ブラウザにもよりますが、画面下に以下のような表示が出たら、
保存(S)の右側の▼をクリック。

バックアップ

 

 出て来たリストから【名前を付けて保存(A)】をクリックし
デスクトップなどに保存しておきます。

バックアップ

 

※Google Chromeの場合

Google Chromeの場合は、ダウンロードボタンをクリックすると自動的に保存が完了します。
画面左下に次のような表示が出てきますので、
【▼】をクリックして、【フォルダを開く】をクリックしましょう。

2

 

すると、【ダウンロードフォルダ】が開いて、その中に2つの言語ファイルが保存されているのがわかります。
この状態で次のFTPソフトを開く作業へ進んでください。

3

 

 

 

 2つのファイルのダウンロードが出来たら、再びFTPソフトを開いて
それらを【/wp-content/plugins/wp-dbmanager】の直下に配置します。
下図のようになれば日本語化の作業は完了です。

バックアップ

 

 もう一度Wordpressに戻ります。
左メニューの【Database】にマウスをあてると、英語のリストが表示されますが、
キーボード上部の【F5】キーを押して画面を更新してみてください。

バックアップ

 

 左メニューに【データベース】とカタカナで表示されました!
マウスを当てて表示されるリストも、日本語化されています♪
これで日本語化の作業も完了です^^

バックアップ

 

 手動でバックアップをしてみよう

まずは動作確認を兼ねて、手動でバックアップをしてみましょう。

 左メニューの【データベース】にマウスを当て、
 出て来たメニューから【バックアップ】をクリックします。

バックアップ

 

 画面が切り替わります。
データの圧縮を希望する場合は【する】にチェックを入れ、
【バックアップ】をクリックします。

バックアップ

 

 下記の画面が表示されたら、バックアップが無事完了しました。
これは簡単ですね♪

バックアップ

 

 【WP-DBManager】で自動バックアップの設定をしよう

 【WP-DBManager】では、何日おきに自動でバックアップをとるか、
といった事をあらかじめ設定できます。
何もしなくても定期的にバックアップを取ってくれるので安心です。

 左メニューの【データベース】にマウスを当て、
 出て来たメニューから【データベースの設定】をクリック。

dbmanager22

 

 画面が切り替わったら、
【バックアップファイル数】を決定します。
初期状態では10個になっていますが、5個にしてみました。
決まりは特にありませんので、使い勝手の良い数にしましょう。
(あまり多すぎない方がよいです)

バックアップ

 

画面下に移動します。
【自動定期実行】という欄があるので、
【データベール・バックアップの自動実行】を何日ごとに行うか決定します。
(ブログの更新頻度にもよりますが、マルコは1日ごとにしました。)
GZIP圧縮をするかしないかを選択します。

バックアップ

 

 更に下へ移動します。
【データベース設定】という欄があります。
バックアップ情報をメールで送信する場合の宛先や件名が表示されています。
メールの送信を受けたくない場合は上の赤枠のメールアドレスを消しておきます。
最後に【変更を保存】をクリックして自動バックアップの設定は完了です。

バックアップ

 

 バックアップしたデータを復元する方法

さて、いざ何かブログにトラブルが起こった場合に、
バックアップデータを復元して元に戻す方法を説明します。

 左メニューの【データベース】にマウスを当て、
 出て来たメニューから【バックアップの管理】をクリック。

バックアップ

 

 バックアップの管理画面には、
それまでにバックアップしたデータが上から新しい順に並んでいます。
 そのどれかを選択します。
② 【リストア(復元)】をクリック。

バックアップ

 

 確認用の表示が出ますので、【OK】をクリック。
これで復元は完了し、ブログはバックアップファイルを保存した時の状態に戻っています^^

バックアップ

 

 いかがでしたでしょうか?

 

FTPソフトをいじらなくてはいけなかったので
ちょっとドキドキされたかもしれませんね。

 

これで、あなたが何も考えなくても、自動でデータベースのバックアップを取ってくれます(#^^#)
また、Wordpressの更新などをする前には、手動で全データのバックアップを取ることをお勧めします。
詳しくはこちらの記事で^^
↓↓↓

WordPressの全てのファイルとデータベースをバックアップする1番簡単な方法♪(Xサーバー)

 

それでは、今回はこのへんで^^

ではでは、また(@^^)/~~~