今回は、賢威6.2でフッターを編集する方法について

図解入りで詳しく解説します^^

最初の基本的な設定になりますので、

初めて賢威でブログを作る、と言う方にお勧めです(^^)

フッターとは

 

フッターというのは、画面の一番下の赤枠の部分ですね。
ここを設定していきましょう。
アバター画像など、用意しておいてくださいね^^

フッター

 

 【賢威】フッター編集方法

WordPressのダッシュボードにログインしておきます。
①【賢威の設定】にマウスを合わせ
②【フッター】をクリックします。

これでフッターの設定画面が表示されます♪

フッター

 

ではまず、フッターの赤枠の部分からです^^

フッター

 

フッターの設定画面の【見出し(左側)】の欄に
お好みの見出しを入力します。
特になければ最初に入力されているままでもかまいません。

フッター

 

次に、画像をお好みのものに入れ替えます。

フッター

 

設定画面のフッター画像の【画像を変更】の右側のマークをクリックします。

フッター

 

表示された画面で【ファイルを選択】をクリックします。

フッター

 

下のような画面が表示されますので、
用意しておいた画像を選択して【開く】をクリックします。

フッター

 

設定画面に戻り、
【フッター画像ALTテキスト】を入力します。
ALTとは【代替テキスト】の事です。画像の名前のようなものと思ってください。

フッター

 

次は、画像の下の【自由記述欄】です。

フッター

 

メッセージなどを自由に入力しましょう。
タグも使えるので、プロフィールやお問い合わせなどへのリンクを貼っても良いでしょう。

フッター

 

一例をソースコードにしてみました。
良かったらコピーして使ってください。

 

タグの意味については前回の記事で説明しています。
↓ ↓ ↓
【賢威】サイドバーのテキストウィジェットの編集方法

 

 

次は、下の画像の ①・②・③ の部分です。

フッター

 

 

上の画像の①~③と、下の画像の①~③は対応しています。

①【見出し(右側)】に見出しを入力(そのままでもOK)
②【フッタメニュー1の選択】で【グローバルメニュー】を選択
  グローバルメニューと同じ項目が表示されます。
③【フッタメニュー2の選択】で【標準のメニュー表示を利用する】を選択
  新しくメニューを作成して設定する事もできますが、
  ここでは一番簡単な設定にします^^
④【変更を保存】をクリック。

フッター

 

これで、フッターの編集は完了です!

 

終わりに

さぁ、いよいよ、ブログの形が整いました!!

後は記事をどんどん投稿していくだけです(^O^)/

 

こまかいカスタマイズなどは、記事の投稿に慣れて来てから、

余裕が出てきたら行ってくださいね。

 

ブログは記事が命なので、

最初からカスタマイズに時間をかけすぎるのは時間のロスになります。

 

なんて言ってる私自身が、その過ちを犯したんですよね(汗)

2か月くらいの間、ブログを【メンテナンス中】表示にして、

一生懸命調べて、いじくりまわしていました。

 

もともとhtmlタグの知識なども皆無だったので、

一つ一つ検索していきました。

 

でもその2か月間って、ブログは全く誰の目にも触れない訳です。

頑張っているわりに、なぁんにも外の世界に発信できていないんですよね。

 

その2か月間があったら、もっと記事沢山を書けたのにな~~~、

アクセスも早く集まったのにな~、と

今になって思うので、

 

このブログを読んでくださるあなたには、

余計な時間を少しでも使わないように、

ブログ作りの最低限の部分は

このブログに沿って進めて頂くだけで出来るようにしたいと思います^^。

 

それでは、今回はここまでになります。

 

PS.
いかがでしたでしょうか?

もし、【ここが分かりにくい!】とか
【こんな記事も書いて欲しい!】とか
【こんな事も教えて!】とかいう事がありましたら

どうぞ、遠慮なくマルコにメッセージをくださいませ♪
 ↓↓↓
マルコにメールしてみる(#^.^#)

 

PPS.
マルコは、パソコン1台でインターネットで収入を得て暮らしています。

自宅で家事をこなしながら、毎月自動でも20万円、
頑張った時には月収100万円以上を達成して
家庭を犠牲にして働きづめだった生活から、救われました。
そんなマルコのゼロからの道のりをメルマガでお話しています。

メルマガ内でマニュアル等のプレゼントも行っていますので
良ければ詳細をご確認くださいませ^^
(強引な勧誘などはおこなっていませんのでご安心くださいね)
 ↓↓↓
マルコのメルマガを読んでみる(#^.^#)