みかん

【腐ったみかん】という言葉、ご存知ですか?

 

【いやいや、そりゃ腐ったみかんでしょ・・・】

ではなく。

ある傾向の人を差して言います。

 

 

マルコがパソコン教室の教室長をしていた頃、

いつも浮かない顔をして、

【辞めたい、辞めたい】と言いながら、でも辞めないスタッフがいました。

 

月に1回はスタッフと面談をしていたのですが、

その度に

・スタッフの誰それが苦手だとか

・お給料が安いとか(確かに高くはないですが)

・勉強がキツイとか(パソコンは日々進化するので)

・あの生徒さんは苦手とか

・土日に休めないのが嫌だとか(知ってて入社したはず)

しまいには、

・【こんな仕事、マルコ先生は楽しいんですか?】とか。

 

 

私は、最初こそ

【がんばろうよっ!あなたは大切な存在なんだから!】

と引き止めましたが

 

しばらくするとまた言い出すのでいい加減辟易していました。

 

ただ、いつも【マルコ先生、私、どうしたらいいですか?】と聞いてくるので

 

・あなたが働きやすいように、私の裁量で出来る事はする。

・土日は他のスタッフと不公平にならない程度になるべくお休みを入れる。

・苦手な生徒さんの担任は変わってあげる。

・お給料は私の決められることではない。

・あのスタッフはまだ新人なんだから一緒にシフトに入って大変なのは当たり前。
 私たちも最初は新人だったのだから、カバーする気持ちで動くべき。

・勉強も、この仕事を続ける以上はやらなければならない。

 

・・・・で、どうする?決めるのはあなただよ。

 

と言っていました。

 

正直、いつもそんな感じだったので、

私も途中からあえて止める気はもうなかったけれど、

 

いつも、【私、どうしたらいいですか?】と聞いてくるその子には、

 

人生の中で仕事をどうするかというのは大きな選択ですから

自分で決めてもらいたいと思い、

【いっそ、やめたら?】とは言いませんでした。

 

かわりに

【私は辞めろとも辞めないでとも言わない。あなたの人生だから、

 どちらにしても、あなたが自分で決断しないと、後で後悔するよ】

と言っていました。

 

まぁ、内心では

【んなこたぁ自分で決めろや~~~<(`^´)>】

という心境でしたが。はは。

 

そしてその子との面談はいつも

【最近またダメなんです(気持ちが)。】

【で、どうするの?】

【でも・・・かといって何かしたい仕事があるわけでもないし】

【・・・・・そうなんだ・・・】

【でも・・・こんな気持ちで働いていたら会社の為にもならないし】

【・・・・・・うん・・・】

【でも・・・・次の仕事だってすぐに決まるかどうかわからないし】

【・・・・・・うん・・・・】

【でも、勉強もすすまないし・・・・】

【それはちょっとずつでもいいけど?】

【でも・・・・休みの日は遊びたいし・・・】

【・・・・そう・・・・・・・・】

【でも、こんな中途半端な自分もいけないと思うし・・どうしたらいいんでしょう?】

【・・・・・・・・・・・・・・・(私、疲れ果てて無言。)】

 

といった具合でした。

 

 

で、最後に

【決めるのはあなただから。どうしたいか自分によく聞いてみて。

 頑張るって言ってくれれば私は応援するし、

 他の仕事を選ぶんだったら気持ち良く送り出そうと思ってるから。】

 

 

本当は、その子は、どちらかに強く背中を押してもらいたかったのかもしれません。

だけど私は

辞めるも続けるも、誰かから言われたんじゃなくて、

【自分で決めた道だ】って、腹をくくって欲しかったんです。

 

とはいえ結局、いつも

【・・・・もう少し考えます。】

で、終了。決断は出来ずに終わるのでした。

 

 

他のスタッフには、教室長である私以上に

【やめた~~~~い、でも・・・】

【やめた~~~~い、でも・・・】

を繰り返していたらしく、

周りのスタッフにも悪い影響が出始めていました。

 

 

同期スタッフは

【こないだお茶に付き合ったんですけど、愚痴が多くて疲れるんです・・・】

新人スタッフは

【○○さん辞めちゃうんですか?どうなるんですか?不安です!】

と。

 

 

なんだか周りの空気もネガティブな方向へ染めて行くんですね。

他人のやる気の炎を消してしまうというか。

 

こういう傾向の人を【腐ったみかん】に例えます。

 

箱の中に一つ、腐ったみかんがあると、

その周りのみかんも腐っていってしまう。

そんな風に、周りの気力も奪ってしまう、まわりも腐らせてしまう、

そんな人。

 

今思えば、箱から出してあげれば良かったのかなぁとも思います。

 

 

 私がうつになって休職し、その後、退職した後も、

彼女はまだ、浮かない顔をして教室に立っています。

 

彼女はこれからもずっとそうやって、

環境に対する不満を言いながら、でも、

その環境を変える事も、その環境から飛び出す事も出来ずに

【でも・・・でも・・・】と言いながら生きてゆくのでしょうか。

 

そのままおばあちゃんになった時に、どんな表情をしているのでしょう。

 

今なら、ネットビジネスを教えてあげても良いのですが、

正直、面倒くさいので黙っています。

まだ負のオーラをまとっているので、

長時間一緒に居るとエネルギーを吸われそうです。

 

 

あなたの周りにはいませんか?

だったら、その人にエネルギーを取られないように、

上手にかわして自分を守りましょう。

 

 

それとも、あなた自身がそうなりかけていませんか?

だったらとにかく腹をくくって何かに賭けてみましょう。

 

今の仕事に一度どっぷり浸かってみるもよし。

今の仕事にどうしてもやる気が出ない、あるいは会社がブラック過ぎるのであれば、

ネットビジネスという手もあります。

 

上述の子のような負のオーラ全開では困りますが、

何かを変えたい!変わりたい!!変わろう!!!という強い思いがあれば、

人生を変える事もできるでしょう。

 

破産寸前から回復した人や

疲れたサラリーマンだった人が今、

活き活きと表情を輝かせてビジネスをしていたり、

私のように鬱で退職、がきっかけでこの世界に入った人も少なくありません。

 

大切な事は、

【自分で決める事】だと思います。

【自分が選んだ道だ】とはっきり言いきることだと思います。

 

私は仕事のし過ぎでうつ病になりましたが、

会社を恨む気持ちは1ミリもありません。

 

その会社に入れた時、嬉しかったし、

インストラクターの仕事も好きでした。

仕事だって、適当に手を抜くところは抜いて、うまくやっている人もいます。

私は、私の意思で、仕事に没頭していたのですから。

 

今では、それが自分にとっての本当の幸せではないと気づいて

違う道を選びましたが、

 

それもまた、自分の意志です。

 

この文章を読んでくださっているあなたも、

何かしら今の状況に不安や不満があり、

迷いがあるのかもしれません。

 

どうしますか?

 

私は【こうしなさい、こうするべき】とは言いませんが、

沢山の生徒さんやスタッフを見て来たので

お話を聞くくらいはできるかもしれません。

 

どうぞ、遠慮なくマルコにメッセージをくださいませ♪

心を込めてお返事させて頂きます。
 ↓↓↓
マルコにメールしてみる(#^.^#)

 

PS.
マルコは、パソコン1台でインターネットで収入を得て暮らしています。

自宅で家事をこなしながら、毎月自動でも20万円、
頑張った時には月収100万円以上を達成して
家庭を犠牲にして働きづめだった生活から、救われました。
そんなマルコのゼロからの道のりをメルマガでお話しています。

メルマガ内でマニュアル等のプレゼントも行っていますので
良ければ詳細をご確認くださいませ^^
(強引な勧誘などはおこなっていませんのでご安心くださいね)
 ↓↓↓
マルコのメルマガを読んでみる(#^.^#)