破産

ちょっと気になるニュースを目にしました。

ある書籍についてのお話だったのですが

その名も、

【下流老人】一億総老後崩壊の衝撃。

 

 

下流老人と言うのは、

生活保護世帯と同等、あるいはそれ以下の
暮らしをしているご高齢者

の事だそうです。

 

老後破産とか、最近よく聞く言葉ですが、

以前は

若いころから貧しい生活
 ↓↓↓
老後も貧しい生活

という図式だったのが、

今では、

サラリーマンの平均年収、もしくはそれ以上の年収

をもらっている中流以上の世帯でも

老後になって生活苦に陥ってしまうケースが
多いのだとか。

 

現在、
65才以上の高齢者の5人に1人が、

この下流老人なのだそうです。

(下流老人・・なんだか嫌な言葉ですけれど)

 

そして、高齢化社会はどんどん進み
年金額は年々下がる一方で、

その数はどんどん増えています。

 

昔なら、年を取ったら年金をもらいながら、
子供世代のお世話になったりするのが普通でしたが、

今では
 ●非正規雇用(派遣社員など)の増加
 ●そして企業の派遣切り
 ●正社員でも月収は伸び悩み、

子供世代も
自分たちの生活で精一杯で
親世代を支える余裕が無いのです。

それどころか、
職を失った中年の我が子を
年老いた親が細々と年金で養うケースすら
あります。

 

貧困→貧困

これは分かるんですよ。まだ。

でも今は

普通→貧困

が当たり前になっているんです。

それこそ、数年後には
【一億総老後崩壊】が起こるかもしれません。

 

取材を受けていた人は皆さん、
口をそろえて言います。

【一生懸命働いてきたのに・・】

 

生活保護といえば
月に12万円程度の補助金ですが

それ以下の年金額しかもらえていない人が
沢山いるんです。

今後も増えるでしょうね。

充分な蓄えがあれば良いですが、

 ●自身や配偶者の大病、
 ●熟年離婚
 ●会社の倒産

などがきっかけで

貯金を使い果たし、
年金だけに頼る生活になってしまったとたん、

貧困が待っています。

 

12万円から、家賃を引いて、
水道・光熱費・食費を引いたら
どれだけのこるでしょう。

年を取ったら、
何かしらの病気があって
病院通いもすることになるでしょう。

安アパートで、電気代の節約の為に

夜になっても電気もつけずに暮らしている人たちが

沢山いるのです。

それも、
若い頃はきちんと働いて
【中流】と呼ばれていた人たちが、です。

普通に働いて、
普通に年金を納めているだけじゃ、

もう、普通の老後は送れない
そんな世の中になってしまったんだな。。。

見ていて、
とっても悲しい気持ちになりました。

 

マルコのところにも、
【老後破産】をしないためにと

65歳以上の方から
ブログ作成について教えて欲しいと
お問い合わせを頂いたりします。

若いうちから民間の個人年金や
保険をたっぷりとかけておくのも一つの手ですが、

その保険料自体が家計を圧迫してしまうので、
そんなにかけられない、というのも現実です。

 

そんな時、別の収入源を持っておく、
しかも、定年の無い収入源を、出来るだけ早く
作っておくという事は

本当に大切な事だと思います。

始めるのは早ければ早い程、
大きく育てる事が出来ます。

 

最低限の安心すら
自分の力で手に入れなければならない時代が
やって来ているという事でしょうね。

下流老人
老後破産

嫌な言葉ですね。。。

 

【下流老人】一億総老後崩壊の衝撃

良かったら読んでみて下さい。

それでは。今回はこのへんで。

 

PS.
マルコは、パソコン1台でインターネットで収入を得て暮らしています。

自宅で家事をこなしながら、毎月自動でも20万円、
頑張った時には月収100万円以上を達成して
家庭を犠牲にして働きづめだった生活から、救われました。
そんなマルコのゼロからの道のりをメルマガでお話しています。

メルマガ内でマニュアル等のプレゼントも行っていますので
良ければ詳細をご確認くださいませ^^
(強引な勧誘などはおこなっていませんのでご安心くださいね)
 ↓↓↓
マルコのメルマガを読んでみる(#^.^#)