【プロバイダ】はどちらをお使いですか?

って、尋ねられた事があるかと思います。

何となく良く聞くけれど、実際何のことかよくわからない!

そんな【プロバイダを】難しい言葉抜きで優しく解説します♪

スポンサーリンク

 

プロバイダとは

 ご自宅でインターネットを使えるようにしようと思うと、

必ず【プロバイダ】との契約が必要になります。 

この【プロバイダ】とは、一言で言うと、

【インターネット接続会社】という事になります。

文字通りあなたのパソコンをインターネットに接続するための会社です。

 

 

プロバイダは沢山ありますが、

それぞれインターネットに常時つながったコンピュータ
(サーバーといいます)を管理しています。

 

そして、あなたのパソコンとインターネットの世界を繋ぐための
道に当たるものが【回線】と言って、
光回線、電話回線やケーブルテレビ回線などがあります。

 

「フレッツ光」なんて良く聞きますがこれは光回線の1つです。

 

その中継地点にあって、関所のような役割をしているのが

プロバイダが管理するサーバーだと思ってください。

 

プロバイダと契約をして料金を払い、IDとパスワードをもらわないと、

関所を通ってインターネットの世界にいく事は出来ないのです。

 プロバイダ

 

自宅でインターネットを開設した時に
【この書類は大切にとっておいてくだいさいね】と言われて
取ってある書類があると思います。

そこにはインターネットに接続するためのIDとパスワードが記載してあるので
絶対に無くさないようにしましょうね。

普段は使う事が無いですが何かトラブルがあったりすると
【IDとパスワードはお分かりですか?】
と聞かれて慌てる事があります(;^ω^)

 

まとめると、

 

インターネットの世界を見る為には

回線(フレッツ光など)が繋がっていて(道が整っている)

プロバイダとの契約が済んでいて(関所が通れるようになっている)

パソコンにブラウザが内臓されている(道を通るための道具/乗り物がある)

という状態が揃う必要があるわけです。

 

 

このうちブラウザはパソコンに入っているソフトですので無料ですが
⇒ブラウザについての説明はこちら

 

 回線使用料とプロバイダ料金はそれぞれ必要になります。

インターネットの料金体系ってよくわからないって言われますが、

最低限これだけ知っていれば何となく話が分かるのではないかと思います。

 

さて、あなたのお宅のインターネット回線とプロバイダは何でしょう?

すぐに答えられるようにちょっと書類をのぞいてみると良いかもしれませんね^^

 

あ、最後に、小難しい言葉を1つ。

プロバイダの正式名称は
【インターネット・サービス・プロバイダ】です。

英語で書くと【Internet Service Provider】ですので
略して【ISP】とも呼ばれています。

記憶の片隅に残しておいて頂ければと思います(^^)

 

 

それでは今回はここまでになります。

ではでは、また(@^^)/~~~