Windows8 や Windows8.1 で、

画面の右上の隅にマウスをあわせると自動的に右端に表示される

【チャーム】を、自動表示させない方法を解説します^^

スポンサーリンク

 

チャームとは

 

Windows8 や Windows8.1 で、

画面の右上の隅の方にマウスをあわせると自動的に右端に表示される

黒い領域を【チャーム】と言います。

チャーム

 

この【チャーム】、

色々な機能が詰まった大切な所なのですが、

 

作業中にたまたまマウスが画面の右上の隅に当たっただけでひょっこり現れるので、

ちょっと【き~~~~~っ=3】となる事はありませんか?

 

今回は、このチャームの自動表示をさせないように設定を変えてみましょう^^

 

では、早速作業にはいります!!

 

チャームの自動表示をオフにする

 

デスクトップ画面の右上隅へマウスをあわせると、
【チャーム】が表示されます。

この中の【設定】をクリックします。

チャーム

 

 【チャーム】の表示が下の画像のように変わります。
これを【設定チャーム】と呼びます。

【設定チャーム】の右下の、【PC設定の変更】をクリックします。

チャーム

 

 下の様な画面になりましたら、
赤枠の【PCとデバイス】をクリックします。

チャーム

 

 次の画面で【画面の操作】をクリックします。

チャーム

 

 画面が切り替わりましたら、
【画面隅でのナビゲーション】の
【右上隅をポイントしたときにチャームを表示する】のしたにある
切り替えバーをクリックします。

チャーム

 

 バーの色が変わって【オフ】の状態になりました。
これで設定は完了です^^

チャーム

 

 画面の上端にマウスを合わせると【閉じる】ボタンが現れますので
そこをクリックして画面を閉じます。

Windows8 では、【閉じる】ボタンが表示されませんので、
キーボードの【Altキー】を押しながら【F4キー】を押して閉じる事ができます。

チャーム

 

 元の画面に戻りました。
これで、マウスが画面の右上隅に当たってもチャームが表示されなくなりました^^

チャーム

 

 じゃあ、チャームは永遠に表示できないの?
という事なんですが、

キーボードの【Windowsロゴキー】を押しながらアルファベットの【C】のキーを押すと
いつでも表示させることができます。

【Windowsロゴキー】というのは、こんなキーの事です。

Windowsロゴキー

 

これで、お好きな時だけに、【チャーム】を表示させることが出来るようになりましたね♪

チャーム

 

 いかがでしたでしょうか?

 

実は、ロック画面の画像を別の画像に変更する事も、

この【チャーム】から行う事ができます。

↓↓↓

Windows8.1:ロック画面を好きな画像に変更する方法 ~パソコン基礎~