雷 

雷はパソコンの天敵ってご存知でしたか?

直接カミナリが落ちてこなくても、まわりで雷が発生しているだけで

パソコンが壊れる事があるんです。

 

今回は、雷から大切なパソコンを守るための対処法をお話します^^

スポンサーリンク

雷サージと停電

 

実は、マルコはインストラクターになる前、ある会社の事務員をしていました。

全国に支店のある会社なのですが、

他県の支店で強いカミナリが鳴った直後に

その支店のパソコンがご臨終になった事があります。

 

沢山の支店がネットワークでつながり、ほとんどすべてのお仕事を

本社のシステムを通して行っていたので

その支店はもう、なす術なし。孤立状態になりました。

 

その会社の社長さんは恐かったですからね~~

社長から送られたメールを開封するのが3分遅れただけで、

【○○支店の事務は何をやってる!メールが開封されないぞ!昼寝しとんのかっ!!】

って、全支店チャットで荒れ狂い、他の支店の事務員まで巻きぞいを食らうのでした。

 

・・・当の支店じゃパソコン壊れてるんだから見たくても見れないんですけどね・・・・

 

仕方がないので周りの支店の事務さんが携帯電話で

【どぉしたの~~社長怒ってるよ~~~(汗)】と連絡するのでした。

 

カミナリの被害だと分かってからも、これがまた大変。

【カミナリが鳴ってるのに作業してたのかっ!!アホッ!!給料天引きするぞッ】

と荒れ狂ったのでした。

 

カミナリも怖いけどカミナリオヤジも怖いぜぇ・・・

と秘かに事務員たちは陰口を言ったのでした。

まぁ、給料天引きにはならなかったみたいですが。

 

 

カミナリが直撃したら壊れるのは簡単に想像がつくと思いますが、

 

数キロ離れた所に落ちたカミナリでも、

あるいは、雷が落ちなくても、

 

パソコンや周辺機器は壊れる事があります。

 

これって、【雷サージ】という現象が原因なのです。

 

 

カミナリが発生すると、

その周辺に一時的に異常な過電圧や過電流が生じることがあるのですが、

この現象を【雷サージ】と言います。

 

その【雷サージ】の影響で、電線、電話線、テレビのアンテナ線など、

建物の外と繋がるケーブルを通してパソコンに電流が流れ込んでくるんですね。

これにやられてあっけなくご臨終・・・・コワイコワイ。

 

あと、【雷サージ】以外に、【突然の停電】というのも、危険です。

ありますよね、雷で突然停電すること。

 

パソコンを使っている最中に突然電源が切れると、

パソコンの中の【ハードディスク】に傷がついてしまうことがあるのです。

 

そうなると、停電が復旧しても、【あれ?パソコンの電源入らない??】

となります。これもご臨終です。。

 

カミナリなどの天災による故障は、

メーカーの保証の対象になりませんので、

買ったばかりだろうが、なんだろうが、

 

修理代がかかります(T_T)

 

修理できればまだいいですが・・・・・

カミナリの威力はすごいので、中のデータごとご臨終になることもしばしばです。

泣くに泣けませんね(;一_一)

 

雷の被害にあわないための対処法

 

カミナリの被害にあわない為には、とにかく、

 

カミナリが近づいてきたな~~と思ったらすぐに

1.パソコンをシャットダウンする!

2.パソコンに繋がっている電源コードや、配線類を全部抜く!

です。

 

シャットダウンするだけではだめなのです。

電源を入れてなくても、【サージ電流】は流れ込んできます。

 

パソコンの電源コードだけ抜いてもダメです。

たとえば、プリンタにケーブルで接続していて、

そのプリンタのコンセントがタップに刺さっていたら、OUTです。

 

インターネットなどの配線もしかり。

とにかくよくわからなかったらパソコンに刺さっている配線類を全部抜いてしまいましょう。

 

【雷サージ対応タップ】という物も売ってますので利用してみるのも良いでしょう。

でも、自宅の光回線の工事をしてもらった時に、業者のお兄さんは、

【(サージ電流が)強いのきたらアウトですよ】と言ってました。。。

 

やはり、【全部抜く】が一番ですかね。

 

それでも100%ではありませんので、やはり、

大切なデータはパソコン以外の場所にも保存しておく(バックアップをとっておく)

という事も大切ですね^^

 

スポンサーリンク

雷のあとにパソコンの調子がおかしい時の対処法

 

それでも、注意していても、やられてしまった(>_<)というときは。

 

1.電源が入らないとき

メーカーやショップに連絡して修理をお願いしてみましょう。

ただし保証期間内でも、天災なので保障の対象外になります。

 

2.電源は入る。けれどインターネットにつながらないとき

パソコンをシャットダウンし、ケーブル類を抜いた後、

ルーターやモデムなど(電話機の近くにおいてある、四角い機械たち)の電源も落とす。

数分寝かせた後、ケーブルを繋いで周辺機器から順番に電源をいれ、再チャレンジ。

 

これで復活する事もあります。

 

また、ネットだけがダメ、という場合は、

パソコンではなくモデムなどの周辺機器だけがやられている場合や

 

プロバイダのネットワーク自体が影響を受けている場合もあるので、

ちょっと様子を見てから修理依頼を考えてみると良いでしょう。

 

終わりに

 

【雷サージ】、コワイですねぇ(*´Д `)

 

そういえば、事務員をやっていた頃、

パソコンではないですが、IHクッキングヒーターがやられた、

というお客様がおられました。(リフォーム会社だったので)

 

現場を見に行った監督さんが、

【ヒーターの中が溶けとったわ(汗)】と言っていました。

 

パソコンに限らず、家電製品は影響をうけるのですねぇ。

 

それでは、今回はここまでになります。

 

 

PS.
いかがでしたでしょうか?

もし、【ここが分かりにくい!】とか
【こんな記事も書いて欲しい!】とか
【こんな事も教えて!】とかいう事がありましたら

どうぞ、遠慮なくマルコにメッセージをくださいませ♪
 ↓↓↓
マルコにメールしてみる(#^.^#)

 

PPS.
マルコは、パソコン1台でインターネットで収入を得て暮らしています。
自宅で家事をこなしながら、毎月自動でも20万円、
頑張った時には月収100万円以上を達成して
家庭を犠牲にして働きづめだった生活から、救われました。

ネットビジネスというと胡散臭いイメージがありますが、
真面目なビジネスもちゃんとあります。場所がリアルからインターネットに変わっただけ。
そんなビジネスを解りやすく、1から解説していますので
良ければこちらの記事もご覧ください♪♪
 ↓↓↓
ネットビジネスってどんなものか読んでみる♪♪