今回は、パソコンの性能を表す言葉の一つ、

【HDD】(ハードディスクドライブ)

【SSD】(ソリッドステートドライブ)

についてわかりやすく解説したいと思います。

これらを理解して、電機やさんでパソコンを選ぶ時に困らないようになりましょう!

スポンサーリンク

HDD・SSDはパソコンの中の本棚

HDDも、SSDも、パソコンの中でデータを保存しておくための機器です。

よく、パソコンを1つの部屋に例える事があるのですが、

部屋の中の【本棚】に当たるものがHDDやSSDと呼ばれるものです。

 

この、本棚の容量が大きいほど、沢山のノートや書籍を保存出来るように、

HDDやSSDの容量が大きいほど、

データやソフトを沢山保存しておくことが出来ます。

 

HDDやSSDの容量は、GB(ギガバイト)という単位であらわされ、

数値が大きいほど沢山のデータを保存出来る事になります。

 

HDDとSSDの違い

電気屋さんに行くと、【HDD搭載】と書かれたパソコンと、

【SSD搭載】と書かれたパソコンがありますが、

 

【HDD】と【SSD】の違いって、何なのでしょうね?

どちらもデータを保存する機器という所は同じなのですが、その構造が違います。

 

HDD

下の画像がHDDの中身です。

HDD

HDDの中には高速で回転する、金属の円盤が入っています。

この円盤にデータを書き込んだり、ここからデータを読み出したりします。

長所は、記憶容量がSSDに比べて大きい事。

つまり、沢山のデータを記憶できる、大きな本棚なのです。

 

SSD

SSDの中身は下の写真のようになっています。

SSD

 

円盤がありませんね。

USBメモリと同じような【メモリーチップ】が並んでいます。

SSDの長所は、何と言っても、HDDに比べて、データの読み書きが速い事!

パソコンの電源を入れた時に、その違いがよくわかります。

サクッと立ち上がります^^

そして、HDDのようにディスクが回転しないので、音も静かです。

 

ですが、HDDに比べて、データの容量は小さくなります。

ちょっと小さめの本棚です。

それと、同じ容量ですと、HDD搭載のパソコンの方がお安いです。

 

速さを取るか、容量を取るか、値段を取るか・・・・

 

悩ましい所ですが、

お好みや目的に応じて選んで頂ければと思います(^_^;)

スポンサーリンク

終わりに

 

今回は、パソコンの中の本棚、HDDとSSDについてのお話でした。

すこしでも【へぇ~~~~~~】と思って頂ければ幸いです♪

ではでは、また(@^^)/~~~