パソコンの性能の見方まとめ | 元インストラクターが教えます!超・初心者さん向けネットビジネスの始め方

ネットビジネス初めの一歩 ~初心者さん向け講座~

初心者講座

wordpress

賢威

パソコンの性能の見方まとめ

これまで、パソコンの性能を左右するパーツ、

【HDDまたはSSD】・【メモリ】・【CPU】についてお話してきましたが、

今回はそのまとめです^^

 

それぞれのパーツについては下の記事で詳しく解説していますのでご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓

HDD・SSDって何? ~パソコンの性能~

メモリって何? ~パソコンの性能~

CPU(シーピーユー)って何? ~パソコンの性能~

 

スポンサーリンク

 

さて、今回はこれらをまとめてパソコンの仕組みをご紹介しますね^^

パソコンの性能

 

パソコンを1つの部屋に例えると、

本棚に当たるのがHDDまたはSSD、

作業机に当たるのがメモリ、

作業する人間に当たるのがCPUです。

 

 

本棚が大きいほど、沢山の本や資料を収納できるように、

HDDやSSDの容量が大きいほど、沢山のデータやソフトを保存する事ができます。

ちなみに、容量の大きさではHDD、速さではSSDが優れています。

 

 

また、作業する机が広いほど、一度に沢山の書類や本、ノートを広げてもごちゃごちゃせずに作業がはかどるように、

メモリの容量が大きいほど、大きなデータ(たとえば、動画や画像など)の処理がサクサクできたり、一度に複数のソフトを立ち上げてもパソコンが重くなりにくいです。

 

 

作業する人の頭の回転が速い程、同じ本棚や机を使っていても、計算や処理が速くなるように、

CPUの性能が高い程、パソコンの処理能力が高くなります。

 

 

つまり、パソコンに組み込まれているこれらのパーツのグレードが高い程、

パソコンはサクサク動き、

フリーズ(パソコンが固まって反応しなくなる事)などが起こりにくくなります。

 

 

【初心者だから一番安いのでいいわ~~~】

と言って性能の低い物を買うと、

動作の遅さにイライラしたり、簡単にフリーズして戸惑ったりしますので、

初心者さんでも【中くらい】の性能の物は購入して欲しいと思います。

 

電気屋さんに行って、値札の横に小さな文字で書いてある、性能表を一度見てみてください。

ここで出て来た言葉が並んでいます^^

 

これらの言葉の意味を知っていれば、店員さんの説明も

すごくよくわかるようになります♪♪

 

ちなみに、最近のパソコンでは、

HDDやSSDの容量の単位はGB(ギガバイト)やTB(テラバイト)

メモリの容量はGB(ギガバイト)

 CPUの処理速度はGHz(ギガヘルツ)

で表され、

 

数値が高いほど高性能という事になります。

一度、じっくり比べてみてくださいね^^

なんだか自分が賢くなったような嬉しい気持ちになりますヨ♪♪

 

 

 それでは今回はここまでになります。

いかがでしたでしょうか?

 

 

PS.

何か相談したいこと、聞きたいこと、雑談でも、ありましたら

遠慮なくお問い合わせください^^

心を込めてお返事させて頂きます。

【こんなことも教えて!】というご要望も絶賛募集中です!
↓↓↓
マルコにメッセージを送る

 

マルコは、パソコン1台でインターネットで収入を得て暮らしています。
そして、月収130万円を達成して、家庭を犠牲にして働きづめだった生活から、救われました。
ネットビジネスというと胡散臭いイメージがありますが、まっとうなビジネスもちゃんとあります。
そんなビジネスを解りやすく、1から解説していますので
良ければこちらもご覧ください♪♪
↓↓↓
マルコのネットビジネス初心者講座

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ