今回は、コンピューターウイルスの種類についてのお話です。

コンピューターウイルスにはとても沢山の種類があるのですが、

今回は、その中でも特に有名なものをご紹介します。

スポンサーリンク

 コンピュータ―ウイルスの種類

 ワームとトロイの木馬

ワーム

ワームというのは、インターネットやUSBメモリなどから

コンピュータに感染し、いろいろと悪さをするウイルスです。

 

ワームという英語の元々の意味は、うにょうにょとした虫のことなのですが、

 

この虫のように、インターネットの中を這いまわって

別のパソコンに感染していく事から、

ワームという名前が付けられたと言われています。

 

ウイルス付きのメールを知らないうちに大量に送ってしまうというのが

典型的な手法で、パソコンからパソコンへとどんどん感染していくため、

感染スピードが速いのが特徴です。

前回の記事でご紹介した例は、まさにこのワームにやられた例ですね。

パソコンのセキュリティ:コンピューターウイルス体験談

 

 

マルコがインストラクターをしていた時、

先輩インストラクターから聞いたお話ですが、

 

教室のパソコンが、この【ワーム】にやられてしまった事があるそうです。

感染源は、生徒様のUSBメモリ。

 

教室には、10台以上のパソコンがネットワークでつながっていますから

あっという間に教室中に広まり、

他の生徒さんのUSBメモリにも感染し、

 

駆除しても駆除しても

生徒様のUSBからまた舞い戻って来るという悪循環で

大変苦労したのだそうです。

 

セキュリティソフトは入れていたのですが、

なんだか安くてあまり聞いたことのないソフトだったためか、

ウイルスの検知や駆除の能力が低く、

役に立たなかったのだそうです((+_+))

(そのソフトの会社は、マルコが入社した時にはすでに潰れてました・・)

 

セキュリティソフトも選ばなければいけませんねぇ・・・

 

その後、教室では授業用のUSBメモリは教室でお預かりするようになりました。

スポンサーリンク

 

トロイの木馬

トロイの木馬というのは、もともとギリシャ神話に登場するもので、

 

ギリシャ軍とトロイ軍が戦争をしていた時に、

ギリシャ軍が戦争をやめて撤退する印に

トロイ軍に大きな木馬を献上して帰って行ったという物です。

 

ところが、それは見せかけで、

実は木馬の中にギリシャ軍の兵士が沢山隠れていて、

トロイの町が寝しずまる夜中に木馬から出て街を襲い、

戦争に勝ったというお話なのですね。

 

 

これにちなんで、

ユーザーにとって便利なソフトや楽しそうなゲームのように見せかけて

実行させ、騙されたユーザーのパソコンに感染するものを

【トロイの木馬】と言います。

 

感染すると一定の潜伏期間のあと、

コンピューターの設定を勝手に変えてしまったり、

個人情報を盗み取ったりするなどの悪さをします。

 

憎たらしいヤツですねぇ・・・・<(`^´)>

 

 

以上、今回は、主なコンピューターウイルスの種類と特徴についてでした。

セキュリティについてのお話はまだまだ続きます。

 

その他のセキュリティ関連記事

パソコンのセキュリティ:スパイウェアとスケアウェア

パソコンのセキュリティ:マルウェア・ネット詐欺被害に会わないための対策

パソコンのセキュリティ:フィッシング詐欺と対策

パソコンのセキュリティ:マルウェア

パソコンのセキュリティ:スパイウェアとスケアウェア

 

PS.
いかがでしたでしょうか?

もし、【ここが分かりにくい!】とか
【こんな記事も書いて欲しい!】とか
【こんな事も教えて!】とかいう事がありましたら

どうぞ、遠慮なくマルコにメッセージをくださいませ♪
 ↓↓↓
マルコにメールしてみる(#^.^#)

 

PPS.
マルコは、パソコン1台でインターネットで収入を得て暮らしています。
自宅で家事をこなしながら、毎月自動でも20万円、
頑張った時には月収100万円以上を達成して
家庭を犠牲にして働きづめだった生活から、救われました。

ネットビジネスというと胡散臭いイメージがありますが、
真面目なビジネスもちゃんとあります。場所がリアルからインターネットに変わっただけ。
そんなビジネスを解りやすく、1から解説していますので
良ければこちらの記事もご覧ください♪♪
 ↓↓↓
ネットビジネスってどんなものか読んでみる♪♪