今回は、Windows8.1(Windows8もほぼ同じ)で

電源を入れると出てくる画面達について、

名前とその機能について解説したいと思います。

 

Windows7までは、電源を入れるとすぐにデスクトップ画面が表示されたので、

Windows8 以降、【めんどくさいっ!!】と思った方は多いのではないでしょうか。

 

実際、Windows8をWindows7に近いカタチで使えるようにするソフトがリリースされるなど、

戸惑った方の多さを物語っているような気がします。

 

ですが。なんでも慣れてしまえばそれが当たり前になるもので。

 

マルコとしては

古いカタチにこだわってソフトのインストールなどするよりは、

新しいカタチに慣れてしまった方が簡単だし、

将来的にも良いのでは(きっと今後も新しいカタチで進化していくでしょうから)と思います。

 

以前にも別の記事で簡単に触れたのですが、

今回はこの、Windows8以降現れた新しい画面達について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

 ロック画面

 

 パソコンの電源を入れた時や、スリープ状態を解除した時、パソコンをロックしたときに
表示される画面を【ロック画面】と言います。

この【ロック画面】は、
パスワードを持たない人間が無断で使用するのを防止したり、

タッチ機能(画面をタッチして操作できる機能)によって
うっかり画面を触ってしまった事で起きる誤操作を防ぐ目的で表示されます。

最近は、【タッチ機能】の付いたパソコンも増えてきましたね。

この画面は、デジカメやスマホで撮影した写真などに変更する事もできます。
変更方法はまた後日解説したいと思います^^

ロック画面

 

ロック画面の解除方法は以下の通りです。

マウス操作 

 画面上 をクリックする。
(どこでもOK)

 キーボード操作  任意のキーを押す。
(どのキーでもOK)
 タッチ操作  下から上方向に指を滑らせて
 スライドします。

 

サインイン画面

【ロック画面】を解除すると【サインイン画面】が表示され、
パスワードの入力を求められます。

【サインイン】とは利用者の身元を確認して、パソコンの操作を可能にする事をいいます。

※パソコンの設定によっては、この【サインイン画面】は表示されない場合もあります。

 サインイン画面

入力ボックスにパスワードを入力します。
入力後、【Enterキー】を押すか
入力ボックス右側の【⇒】マークをクリックすると【スタート画面】が表示されます。

 

※パスワードの入力の誤りがあるとメッセージが表示されます。
【OK】をクリックしてもう一度パスワードを入力し直しましょう。

 

スタート画面

サインインが完了すると【スタート画面】が表示されます。

この画面に並んでいる四角いパネル形式のボタンの一つ一つを【タイル】といい、

【タイル】をクリックすると、アプリを起動する事ができます。

横に長い画面ですので、
【スクロール】(マウスの真ん中のボタンをクルクル)して目的のアプリを探します。

※丁度、Windows7で【スタートボタン】を押して【すべてのプログラム】からアプリを起動させるのと同じ感じです。

目的のアプリが見つからない場合は、
 画面左下の【↓】をクリックするか、
 【検索ボタン】を押してアプリ名を入力して探す事ができます。

 スタート画面

 

いかがでしたでしょうか?

スタート画面は、もっといろいろな事が出来ますので、

別記事で詳しく解説したいと思います^^

ではでは、また(@^^)/~~~