どうも、マルコです^^

WordPressブログのバックアップ方法はいろいろありますが、

初心者さん向けの、1番簡単な方法をご紹介します。

プラグインなどを使わず、ややこしい「phpMyAdmin」にアクセスする必要もありません♪♪

 

利用しているサーバーは【Xサーバー】です。

Xサーバーなら、サーバーパネルから簡単操作で全てのファイルとデータベースのバックアップが出来てしまうので超おすすめです(#^.^#)

 

バックアップ用プラグインWP-DBManagerだけじゃダメなの?

このブログでは、データベースのバックアップ用プラグインとして、【WP-DBManager】をご紹介していますが、

このプラグインはデータベース(主にブログの文章ですね)だけをバックアップするものなので、ブログに挿入した画像などのファイルは保存してくれません。

 

また、データ復旧も、WordPressの管理画面の中で操作していきますので、

万が一、【WordPressにログインできなくなった!】という事になるとお手上げになってしまいます。

 

【誤って記事を削除してしまった~~(汗)】というときは【WP-DBManager】で復旧出来るので便利なのですが、

万が一の時の為には、
WordPressの全てのデータをバックアップして、クラウド上や外付けハードディスク(HDD)等に保存しておいた方が安心です。

 

・・・ちなみに、【万が一って、そんなに簡単に起こらないでしょ?】と思うかもしれませんが、

これが・・・・・・意外と起こります((+_+))

WordPressやプラグインの更新をきっかけに、画面が真っ白になってWordPressにログインできなくなった・・・・なんてこともあります。。

 

実際に、マルコのお知り合いでブログが消失して作り直しをした、という方がおられたので

決してバックアップを軽く見ないで、きちんとやっておきましょうね!

最初は面倒ですが、慣れれば数分でおわりますので^^

 

ファイルとデータベースとは?

ここで、ファイル?データベース?どゆこと????

となった方のために、ご説明しますね。

 

WordPressのブログは【ファイル】と【データベース】から構成されています。

ざっくりとお話すると、

 

【ファイル】には

  • WordPress本体の情報
  • テンプレート(テーマ)のデザインや設定
  • 記事やサイドバー、ヘッダーなどに表示されている画像ファイル

が含まれています。

 

【データベース】には、

  • 記事のタイトルや文章そのもの
  • カテゴリやタグなど
  • 更新日時や、公開または下書き状態などの情報

が含まれています。

この、【ファイル】と【データベース】が合体して初めて、ブログが完成するわけです。

 

 

ということは。

ブログが消失した時には、【ファイル】と【データベース】の両方が無いと完全復旧は出来ないという事になります。

 

 

先程お話した【WP-DBManager】は、データベースだけを保存してくれるプラグインなのですよね。

しかも、WordPressにログインしている状態で初めて、データ復旧が出来るものです。

これはこれで便利なんですけれど、これ【だけ】では不完全なのです。

 

ですので、【WP-DBManager】も導入したうえで、

手動で【ファイル】と【データベース】を【WordPressの外に】バックアップしておく習慣も、必ずつけておきましょう^^

 

では、いよいよXサーバーでバックアップ作業をしていきます♪

ブラウザは、GoogleChromeを使用しています!

 

Xサーバーからファイルのバックアップをしよう

まず、Xサーバーの【サーバーパネル】にログインしておきましょう。

 

サーバーパネルの中の、【バックアップ】という項目をクリックします。

 

画面が下のように切り替わります。

【ホームディレクトリ】には、サーバーにアップロードされている全てのデータが含まれています。

ホームディレクトリの下には、サーバーに設定している各ドメインが表示されています。
(この数は、持たれているドメインの数によって違います)

 

全部まとめてバックアップしたいときは【ホームディレクトリ】から、

各ドメインごとにバックアップしたいときは、それぞれのドメインごとにデータをダウンロードしていきます。

 

今回は、全てまとめてダウンロードしてみましょう。

ということで、【ホームディレクトリ】の右側の【ダウンロード】ボタンをクリックします。

 

 

画面が切り替わり、ダウンロードが開始されます。。。

 

GoogleChromeの場合は、画面左下にダウンロード中の表示が出ます。

ホームディレクトリのダウンロードには、少し時間がかかるので、表示がくるくる回っている間、しばらく待ちましょう^^

※ダウンロードされるファイルの名前は、人によって違うので、この画面と同じにならなくても安心してくださいね。

 

ダウンロードが完了したら(クルクルが止まったら)、実際にダウンロードされたデータを確認してみましょう♪

①ダウンロードされたファイル名の右側の下向きの矢印をクリックして

②表示されたリストの中から【フォルダを開く】をクリックします。

 

ダウンロードされたデータが表示されます。

※GoogleChromeの場合は、自動的に【ダウンロード】フォルダへ保存されています。

※ダウンロードされたデータの名前は、人によって違いますので、マルコと同じにはなりませんのでビックリしないでくださいね。

これで【ファイル】のバックアップが完了しました♪

 

次は、【データベース】のバックアップです!

サーバーパネル左上の【サーバーパネル】というロゴの部分をクリックして、最初の画面に戻っておきましょう(#^.^#)

 

 

Xサーバーからデータベースのバックアップをしよう

では、次は、【データベース】のバックアップを取っていきます。

前の操作でXサーバーのサーバーパネルの最初の画面に戻っていますね。

今度はその中の、【MySQL設定】という所をクリックします。

 

拡大してみました♪

 

クリックすると画面が切り替わります。

その中の【MySQLバックアップ】というタブをクリックします。

 

データベースの一覧が表示されます。

この、データベースを、1つ1つダウンロードしていきます!

※表示される数は、人それぞれ違いますので、画像と同じでなくても大丈夫です♪

 

まずは一番上のデータベースから。

①【gz形式】にチェックを入れて

②【エクスポート実行】をクリックします。

※【gz形式】というのは、データを圧縮したファイル形式のことで、ダウンロードするデータをギュッと圧縮してファイルサイズを小さくしてくれます。つまり、保存する時にかさばらない、という事ですね^^

 

画面が下の画像のように切り替わります。

通常は、自動的にダウンロードが開始されるのですが、しばらく待っても開始されない場合は【ダウンロード】ボタンをクリックしてください^^

 

ダウンロードが始まると、ファイルのバックアップの時と同様に、画面左下に表示が出てきます。。。(GoogleChromeの場合)

 

では、ダウンロードされたデータを確認してみましょう。

①ファイル名の右側の下向き矢印をクリックして

②【フォルダを開く】をクリックします。

 

先程と同じように、ダウンロードフォルダの中に、データベースがダウンロードされていますね。

ちなみに、青枠で囲ったところは、先程ダウンロードした【ファイル】のデータです^^

 

Xサーバーの画面に戻りましょう。

【MySQLバックアップ】というタブをもう一度クリックします。

 

先程見たのと同じ画面が出てきますね^^

それでは、次は2つ目のデータベースの

①【gz形式】にチェックを入れて

②【エクスポート実行】をクリックします。

※ちなみに、データベースが1つだけの場合は、最初の1回で完了になりますので、この作業は飛ばして先へ進んでください♪

 

画面が切り替わりますね。。。(1回目と同じです)

 

ダウンロードが完了したら、同じように

①ファイル名の右側の下向き矢印をクリックして

②【フォルダを開く】をクリックして、データがきちんとダウンロードされている事を確認します。

 

そして、また【MySQLバックアップ】をクリック・・・

 

そして、次のデータベースを、同じ手順でダウンロードしていきます。。。

 

以上を繰り返して、全てのデータベースをダウンロードしてしまいましょう。

下の画像は、マルコのデータベースを全てダウンロードした状態です。

 

ファイル名の末尾に【tar.gz】と表示されているのが【ファイル】、

【sql.gz】と表示されているのが【データベース】です^^

※くどいですが、データベースの数は人によって違います。初心者さんなら、一つだけの場合も♪

※下の画像の中で【新しいフォルダー】というボタンに赤枠が付いていますが、今はまだ触らなくてOKです!次の章で解説していきます^^

これで、ひととおり、【ファイル】と【データベース】のダウンロードが完了しました♪♪

 

バックアップしたデータをまとめて保存しておこう

ダウンロードしたデータは、このままダウンロードフォルダの中に放置しておくと、

あとからダウンロードしたファイルにバラバラに埋もれて、どこに行ったか分からなくなってしまいます(汗)

 

という事で、次は、ダウンロードしたデータを、分かりやすいように1つのフォルダにまとめて、保存しておきましょう。

では、先ほどの画面で【新しいフォルダー】をクリックします。

 

【新しいフォルダー】が、作成されました♪

このまま(【新しフォルダー】の文字が青く反転している状態のまま)、フォルダーの名前を考えて、入力していきます。

 

ここでは、バックアップを取った日付にしてみました^^

 

そして、あらためて、ダウンロードしたデータを選択します。

複数ある場合は、最初の1個をクリックした後、キーボードの【Ctrlキー】を押しながら、他のデータをクリックしていくと、全て選択していくことが出来ます♪

 

①選択出来たら、選択したデータの中で右クリック

②表示されたメニューの中から【切り取り】をクリックします。

 

そのまま、新しく作ったフォルダーを右クリックします。

 

表示されたメニューのなかから【貼り付け】をクリック。

 

貼り付けが出来たら、あらためて、新しく作ったフォルダをダブルクリックしてみましょう♪

 

①フォルダが開いて、その中にバックアップしたデータが全て収まっていればOKです♪♪

②左上の小さな矢印をクリックして、ダウンロードフォルダに戻ります。

 

パソコン以外の場所にも、バックアップデータを保存しておこう!

これで、パソコンの中の【ダウンロード】フォルダに、バックアップデータがまとめて保存できたわけですが、

もし、パソコンがある日突然故障したら・・・?

と考えると怖いですよね(ノД`)・゜・。

 

そこで、大切なバックアップデータは、パソコン以外の場所、つまり

  • オンラインストレージ(クラウドストレージとか、クラウド、とも言います)
    【OneDrive】や【DropBox】や【GoogleDrive】等が有名ですね。
  • 外付けハードディスクドライブ(HDDとも言います)

等にも保存しておくと安心です^^

 

ということで、その方法にも、少し触れておきますね。

 

まずは、最近のWindowsパソコンでしたら最初から導入されている事が多い、【OneDrive】へ保存してみましょう。

ダウンロードフォルダの、先ほどバックアップデータをまとめたフォルダ(バックアップフォルダ)が表示されている状態からスタートします。

 

バックアップフォルダ上でマウスの右ボタンを押し、押した状態のまま

左側のエリア(ナビゲーションウィンドウと言います)の【OneDrive】という所まで引っ張って行きます(ドラッグ)。

丁度マウスが重なったところで【OneDriveへ移動】という表示が出たら、マウスから指を放します。

 

マウスから指を放すと、ショートカットメニューが表示されるので、その中の【ここにコピー】をクリックします。

これで、OneDriveにデータがコピーされました♪

ちなみに、DropBoxでも、やり方は同じです^^

 

 

次に、外付けハードディスクドライブ(HDD)に保存していきましょう。

※ここでは、外付けHDDについての詳しい解説は割愛します。既に外付けHDDがパソコンに接続されている状態からスタートしますね。

⇒外付けHDDについての詳しい解説と使い方はここをクリック♪

 

OneDriveの時と同じように、マウスの右ボタンを押しながらナビゲーションウィンドウのHDDの表示までドラッグしていきます(右ドラッグ)。

その後は、先程と同じように【ここにコピー】をクリックします。

これで、WordPressのバックアップデータが、

  • パソコンのダウンロードフォルダ
  • オンラインストレージ(クラウド)
  • 外付けハードディスクドライブ(HDD) 

の3か所に保存されました♪♪

 

もう、WordPressに何かあっても、パソコンが壊れても、HDDが壊れても、安心ですね(#^.^#)

お疲れ様でした\(^^)/

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バックアップしたデータの保存場所や保存方法は、あくまでマルコのやり方ですので、ご参考までに。

あなた自身の1番わかりやすいやり方で、保存しておいてくださいね。

 

ちなみに、マルコは、バックアップした日付が分かるようにフォルダを作って保存しています。

そして、バックアップデータが貯まってきたら、古いものは削除しています。

バックアップのタイミングは、プラグインや、WordPressの更新の前にやる事が多いですね。

最初は面倒に感じますが、慣れれば数分で終わります。

あなたのブログを守るための大切な作業ですので、必ず定期的に行う癖をつけておきましょう!

 

 

今回の方法は、XサーバーからWordPressのバックアップを取る方法でした。

こんな風に、簡単にバックアップができるXサーバー、とっても便利ですね^^

 

他のサーバーですと、

ファイルはFTPソフト(FileZillaやFFFTPなど)からダウンロードして
(これが中々、エラーなどで時間がかかる事が・・・・)

データベースはphpMyAdminという所にパスワードを入れてログインして・・・・と

結構ややこしい手順が必要になる事が多いのです。

 

さすが、アフィリエイターに一番指示されているレンタルサーバーだなと思う訳です(#^.^#)

サーバーを新しくレンタルしようかな・・・とお考えでしたら、Xサーバーをお勧めします♪♪

 

ではでは、今回は、この辺で。