どうも、マルコです^^

今回は、【WordPressが重い!!】という時の対処法の1つ、【WP-Optimize】というプラグインを使ってデータベースの最適化をする方法を解説したいと思います。

私自身が試してみて効果があったので、お役に立てばと思います。

データベースとは

ここで、【データベースとはなんぞや】というお話を少し。

WordPressのブログは【ファイル】と【データベース】から構成されています。

ざっくりとお話すると、

 

【ファイル】には

WordPress本体の情報
テンプレート(テーマ)のデザインや設定
記事やサイドバー、ヘッダーなどに表示されている画像ファイル
が含まれています。

 

【データベース】には、

記事のタイトルや文章そのもの
カテゴリやタグなど
更新日時や、公開または下書き状態などの情報
が含まれています。

この、【ファイル】と【データベース】が合体して初めて、ブログが完成するわけです。

データベースの最適化とは

そしてこのデータベース、長らくブログを運営していると、いろいろと不要なデータというか、ゴミが貯まってきます。

これらの【データベースのゴミ】をお掃除して、適切な状態にすることを【データベースの最適化】と言います。

 

パソコン本体でも、不要なデータを削除するとパソコンの動きが軽くなったりしますよね。

それと同じで、WordPressも、データベースの中の不要なデータをお掃除することで、動きが軽くなってくれます。

WordPressが重くなる要因は、データベース以外にもいろいろな要因があるので、

これだけで完璧!という訳ではありませんが、マルコ自身がやってみた印象としては

対策としてかなり【使える】、【効果あり】と感じました^^

 

という事で、データベースのお掃除をしてくれるプラグイン【WP-Optimize】のインストールに入って行きましょう♪♪

【WP-Optimize】をインストールしよう

WordPressのダッシュボードにログインしておきます。

左メニューの【プラグイン】をクリック。

 

画面が切り替わったら【新規追加】をクリック。

 

さらに画面が切り替わるので、右上の【キーワード】欄に、【WP-Optimize】と入力します。

 

検索結果に【WP-Optimize】が表示されたら【今すぐインストール】をクリックします。

 

【インストール】のボタンが【有効化】に代わったら、さらにクリックします。

画面が切り替わったらインストール完了です♪♪

データーベースの最適化をやってみよう

では、インストールが完了したところで、実際にデータベースの最適化をやってみたいと思います。

インストールが無事に終わると左メニューに【WP-Optimize】の表示が出るので、そちらをクリック。

 

設定画面が表示されます。

【WP-Optimize】のタブをクリックします。

ここで、最適化の項目を設定しましょう。必要なものにチェックを入れて行きます。

設定画面の上半分の画像です。
↓↓↓

①データベーステーブルの最適化
これはチェックを入れておきましょう。WordPressをインストールすると、自動的にデータベースの中に色々なデータを保管するための【テーブル】が作られます。データベーステーブルは、データベースの中でも大きな割合を占めるので、最適化を行う効果は大きいです。

②すべての投稿のリビジョンをクリーン
こちらもチェックを入れておくと良いでしょう。リビジョンというのは、記事を書いているときに、自分で【下書きとして保存】をしたり、WordPressが自動保存をしたりした時に、その時点での投稿の状態を保存してくれているデータの事です。

記事投稿の画面の下の方の、こんな表示に見覚えがありませんか?

これ、【しまった!】という時に、リビジョンした時点の状態に復元することが出来るので便利ではあるのですが、果てしなくデータベースに溜まっていくんですよね。そしてWordPressが重くなる。

という事で適度なタイミングで削除してあげると良いでしょう。

③Clean all auto-drafts and trashed posts(自動下書きとゴミ箱内の投稿を削除する)
これもチェックを入れておきました。自動下書きというのは、WordPressが自動保存した時の下書きで、あなた自身が下書きとして保存している投稿ではありませんので安心してください(#^.^#)
ゴミ箱に入れた投稿も、必要ないですよね。

いや、必要ある!という場合は、チェックを入れないようにしましょう。

④Remove spam and trashed comments(スパムコメントとゴミ箱内のコメントを削除する)
これは、私はチェックを入れませんでした。
時々、まじめに書いてくださったコメントが、スパム判定されている事があるので、コメントは自分でチェックして手動で削除したいと思ったからです。

要らない!という場合はチェックを入れても良いと思います。

⑤未承認コメントの削除
これも④と同じ理由でチェックを外しておきました。
チェックを入れるか入れないかは、それぞれのご判断で良いかと思います。

 

そして、下半分の画像。
↓↓↓

⑥この部分も必要に応じてチェックを入れて行きます。

■期限切れのtransientオプションを削除
【tronsient】というのは【一時的な】という意味です。
これはちょっとややこしいお話になりますが、WordPressを運営しているとデータベースの中に、「_transient_timeout_******」、「_transient_timeout_wflginfl_******」、「_transient_wflginfl_******」などの一時データが消えずに蓄積されます。

これは、WordPress Transients API によって、有効期限を設定してデータベース内に保存する機能が働いて蓄積されるのだそうです(と、言われても正直私にも詳しくは分かりませんが・・・)

とりあえず、期限切れの一時オプションだけを削除してくれるようですし、削除しても問題無いようですのでチェックを入れる事にしました。

 

残りの部分は必要に応じて、で構わないと思います。
ピンバックやトラックバックは、あえて残しておきたい場合もありますよね。

メタデータに関しても、削除しても問題無いですが、今回は、そもそも【データベースに存在しません】と表示されているので、チェックは入れずにおきました。

⑦それぞれの項目の右側に【最適化を実行】というボタンがありますね。
これを一つ一つクリックしていく事で、項目ごとに最適化を実行していく事も出来ます。

が、ここでは一括で行っていきたいと思いますので、スルーします(#^.^#)

 

さて、必要なものにチェックを入れることが出来たら、上に戻って
【Run all selected optimizations】をクリックしましょう。

一括最適化が実行されます。

 

自動でデータベースの最適化を行う設定をしよう

次は、今後、手動で最適化を行わなくても、定期的に自動で実行してくれるように設定を行っていきましょう。

①【設定】タブをクリックします。

②【直近〇週間分のデータを保持する】という所にチェックを入れ、【〇週間】の数字をお好きな数字に変更します。(ここでは、初期設定の2週間のままにしました)

 

さらに下へ。

①【スケジュールされたクリーンアップと最適化を有効化】にチェックを入れます。

②スケジュールタイプを選択します。毎日、毎週、半月、毎月などが選べます。
ここでは初期状態の毎週を選択しています。

③最適化したい項目を選びます。
下の画像は私の場合ですが、この通りでなくても構いません。
■Remove auto-drafts and trashed postsは【自動下書きとゴミ箱内の投稿を削除】
■Remove spam and trashed commentsは【スパムコメントとゴミ箱内のコメントを削除】
という意味になります。

④設定ができたら【設定を保存】をクリック。

これで、自動最適化の設定が出来ました。

 

テーブル情報

ここは特に触る必要はないですが、データベース内のテーブルの状況を確認して、最適化でどのくらいの容量を削減できるかを予測することが出来ます。

画面の左下の方に、以下のような表示が出ます。

この場合だと244バイトの削減が出来るよ~~、という事ですね。
(最適化を実行した直後なので、少な目ですが・・)

 

という事で、【WP-Optimize】のインストールと、データベースの最適化、

そして、今後自動でデータベースの最適化をしてもらう為の設定方法の解説でした。

ちょっとややこしい説明もありましたが、操作自体はそんなに難しくないですし、

一旦、自動最適化の設定をしてしまえば、その後は触る必要もありません。

便利ですよね♪♪

 

何より、マルコの場合はこれでかなりブログが軽くなりましたし、

しばらく頻発して困っていた【500 Internal Server Error】が出なくなりましたので、お勧めだと思います♪♪

という事で、今回は、この辺で。
お疲れ様でした(@^^)/~~~