今回は、パソコンを使う際に少しでも節電できる、

ちょっとした豆知識をご紹介します。

パソコンはこまめに電源を切った方がイイのか?

それとも【スリープ】状態がいいのか?

以前の記事でも少しだけ触れたのですが、

そのあたりを詳しくお話したいと思います。

スポンサーリンク

 

スリープとシャットダウン、どちらが節電になる?

 

パソコンの性能についての投稿でご説明した、この画像を思い出してください。

 

パソコンの性能

 

パソコンに電源を入れて作業を始めると、

まず、本棚(HDD・SSD)からデータを取り出して

机(メモリ)の上に広げて、

人間(CPU)が色々な処理をします。

 

シャットダウンする時は、

机(メモリ)の上に広げたデータをキレイに本棚(HDD・SSD)に片付けて

それから人間(CPU)もお休みします。

 

 

それに比べて、【スリープ】の状態では、

机(メモリ)の上に広げたデータはそのままで

人間(CPU)はちょっと休憩します。

 

 

どちらがエネルギーを節約できるのでしょう??

 

 

ちょっとの休憩で、そのあと同じ作業を続けるのに、

いちいち机の上を綺麗に片付けて、

また出して・・・・って、疲れませんか?

 

 

パソコンさんも、そうなのです。

 

 

実は、パソコンが一番電力を使うのは、起動とシャットダウンの時なのです。

 

ですので、しばらく休憩、というときは、スリープ状態にしておいた方が、

シャットダウン⇒起動を繰り返すより、節電になるのです!

 

 

でも、スリープ状態は少しだけ電気を使っているので

ず~~~~~~~~っとそのままで良いわけではありません。

 

【どのくらいの時間だったら、スリープ状態の方が良いの?】

という事になりますが、

 

マイクロソフト社が調査してました!

目安は90分だそうです。

 

1時間半ですね。

そのくらいだったら電源を切らずにスリープ状態にしておいた方が節電なのです。

パソコンへの負担も少ないです。

 

ご家庭の電球はこまめに消すのが常識ですが

パソコンはそうとは限らないのでした。

 

 

それともう一つ、ディスプレイの明るさを目に負担が掛からない程度に暗くするのも、

節電に効果アリです(^^)

ノートパソコンならばキーボード操作で調整出来ます。

 

やり方はこちらの記事で解説しています^^
↓ ↓ ↓
パソコンのディスプレイの明るさを調整して節電しよう!

 

 

デスクトップパソコンなら、ディスプレイ自体に、

調節ボタンや【クルクル】が付いている事が多いです。

 

パソコンを長時間使う方は是非お試しください^^

 

 

今回はここまでになります。

お役に立てば幸いです^^

 

PS.
いかがでしたでしょうか?

もし、【ここが分かりにくい!】とか
【こんな記事も書いて欲しい!】とか
【こんな事も教えて!】とかいう事がありましたら

どうぞ、遠慮なくマルコにメッセージをくださいませ♪
 ↓↓↓
マルコにメールしてみる(#^.^#)

 

PPS.
マルコは、パソコン1台でインターネットで収入を得て暮らしています。
自宅で家事をこなしながら、毎月自動でも20万円、
頑張った時には月収100万円以上を達成して
家庭を犠牲にして働きづめだった生活から、救われました。

ネットビジネスというと胡散臭いイメージがありますが、
真面目なビジネスもちゃんとあります。場所がリアルからインターネットに変わっただけ。
そんなビジネスを解りやすく、1から解説していますので
良ければこちらの記事もご覧ください♪♪
 ↓↓↓
ネットビジネスってどんなものか読んでみる♪♪